ファミリーサポート

ファミリーサポート事業とは?

南房総市ファミリーサポートセンターにおいて、市内の育児の援助を行いたい者及び育児の援助を受けたい者を会員として、会員相互の援助活動を支援する事業とする。

センターの会員

南房総市ファミリーサポートセンターにおいて、市内の育児の援助を行いたい者及び育児の援助を受けたい者を会員として、会員相互の援助活動を支援する事業とする。

提供会員

育児の援助を行う者
心身ともに健康な者であって、センターの実施する研修を受講していること。

依頼会員

育児の援助を受ける者
原則として生後3カ月以上小学校6年生以下の児童を養育していること。

両方会員

育児の援助を行い、かつ、育児の援助を受ける者
提供会員,依頼会員のいずれにも該当すること。
ただし、依頼会員にあっては、市内の事務所又は事業所に通勤する者を含む。

入会手続き

  • ・センターの会員になろうとする者は、入会申込書を提出する。(入会申込書はこちら)
  • ・入会を承認したときは会員として登録し、申込者にたいしてファミリーサポートセンター会員証を交付する。
  • ・入会申込書に変更が生じた時は、会員登録変更届けを提出する。
  • ・会員を辞めようとするときは、退会届を提出し、会員証その他指示された書類をセンターに返還しなければならない。

援助活動の内容

  • ①保育所、幼稚園、小学校、学童保育等(以下「保育施設」という)の保育時間の開始若しくは終了後、又は保育施設等の休日等に児童を預かること。
  • ②保育施設への児童の送迎を行うこと。
  • ③冠婚葬祭、他の児童の学校行事その他の事由により外出する場合に児童を預かること。
  • ④依頼会員宅で実施する場合は、家事支援を含む。(内容は要相談)
  • ⑤市長が必要と認める援助活動。
  •  援助活動は、会員の自宅、子育て支援センター(ひろば実施時間)・校庭・園庭において行うものとする。

援助時間

  • ・午前6時から午後10時までの間で育児の援助が必要な時間とする。
  • ・ただし、特別な事情がある場合は、会員相互の合意のもと、援助時間を変更する事ができる。
  • ・児童の宿泊を伴う援助活動は、原則行わない。
  • ・援助活動の時間は、1回の援助につき最低1時間とし、以後30分を単位とする。

援助の申し込み等

  • ・援助を必要とする会員は、援助を必要とする日の2カ月前から前日までの間に、センターに申し込みをする。
  • ・援助を受ける会員、援助を行う会員、アドバイザーの三者による事前打ち合わせを行い、援助活動の内容について、協議し、確認する。
  • ・保育施設への送迎の際は、依頼会員は保育施設へ知らせておくと共に、会員証を提示する。提供会員も会員証を提示し援助活動を行う。

援助活動の報酬等

援助活動を受けた者は、育児の援助を行った者に対し、表の定める基準に従い、報酬及び実費を払わなければならない。

■報酬に関する基準

  • ①月曜日から金曜日までの日(休日を除く)の午前7時から午後7時までの時間は、1時間あたり700円とする。
  • ②上記の日時以外の時間は、1時間900円とする。
  • ③1回の援助時間が1時間に満たない場合は、1時間とする。
  • ④援助時間を延長したときは、延長時間が30分以下の場合は規定額の半額とし、30分を超え1時間までの場合は1時間の額とする。
  • ⑤同一世帯の複数の子どもを1人の会員が同時に援助活動を行う場合の2人目以降の子どもにかかる報酬は、規定額の半額とする。

■実費に関する基準

  • ①食事代、おやつ等は、援助を受ける会員が実費を負担する。援助を受ける会員が特定の物を希望する場合は、自ら用意する。※ミルク、離乳食は援助を受ける会員が用意する。
  • 例)給食費:保育所220円 幼稚園250円 小学校250円
  • ②援助を受ける会員が交通機関を利用する場合は、事前打ち合わせに基づき援助を受ける会員が実費を負担する。
  • 例)市内旅費

■取消料に関する基準

  • ①前日までに取消した場合:無料
  • ②当日取消した場合で、予めセンター及び援助を行う会員への連絡をした場合:報酬額の半額
  • ③当日無断でとりけしをした場合:報酬額の全額

事故について

援助活動中に事故があったときは、直ちにセンターに報告し、指示にしたがわなければならない。事業に係る事故に備え補償保険に加入する。

会員の責務

  • ・会員は援助活動により知り得た他の会員に関する秘密を第三者に漏らしてはならない。会員でなくなった後も、同様とする。
  • ・会員は、育児の援助を受けるとき、事前打ち合わせによる協議によって決定された援助活動以外の援助を要求してはならない。
  • ・育児の援助を行ったとき、規定による報酬以外の報酬を要求してはならない。
  • ・援助活動に起因する事故による損害については、当該事故に係る当事者間において解決しなければならない。

除名

  • ①会員の年齢が規定要件を欠いたとき。
  • ②他の会員の財産、プライバシーを欠いたとき。
  • ③公序良俗に反する行為を行ったとき。
  • ④センターの運営を妨げ、又はセンターの信頼を失墜させるような行為を行ったとき。

傷害保険について

  • ①サービス提供会員傷害保険
  • ②依頼子供傷害保険
  • ③お見舞金制度

会員の皆様へ

  • ①病児の預かりはいたしません。37度5分を超えた場合は、お預かりできなかったり、連絡を入れさせていただきます。
  • ②会員間の交流事業を行います。
  • ③預ける時は、黙っておいて行くのではなく、わからないながらも、お子さんに事情を話していきましょう。